3行レシピ★牛肉編

牛肉は冷めると固くなるし、脂は出るし、高いし!で、あまり
お弁当素材に使わないのですが、たま〜に作るものをご紹介します。

♪料理名をクリックすると、写真ページに飛びます。

我が家の定番牛肉の時雨煮

牛肉を適当な大きさに切って鍋に入れ、同量の水と酒をかぶるくらいに
入れる。砂糖+醤油+みりんを加え、汁気がなくなるまで煮る。

この肉は安くても固くても大丈夫。多少脂がある方がおいしく煮上がります。
 一緒にゴボウ、手綱にしたこんにゃくを入れれば品数も増えてgood。
 生姜の千切りを入れると風味が出て、違った味わいに。→
No.30

牛肉のオイスターソース炒め

牛肉にごく薄く小麦粉をまぶす。(茶こしでふりかけるとラク) フライパンに
ごま油を熱し、ピーマンを炒め牛肉を加えて、醤油少々とオイスターソースを
回し入れ、素早く汁気を飛ばすように仕上げる。

筍を入れてもおいしい♪ 青椒牛肉絲の簡単版ですね。

牛焼き肉

フライパンにごま油を熱し、牛肉を広げて入れ、砂糖、醤油、オイスターソースを
入れて、からめるように焼き上げる。仕上げに黒+白ごまをかける。

お弁当向きに、砂糖を大目にして甘く仕上げるとおいしいです。

牛焼き肉南蛮漬け風

焼き肉用カットの牛肉をフライパンに広げ、焼き上がった順にタレにつけ込む。
漬けタレ→しょうゆ+酢+みりん各同量に、ラー油数滴をたらして混ぜる。

牛肉のちょい辛焼き

牛肉にタレをつけ込んで焼く。
漬けタレ→ねぎ、にんにく、生姜の極みじん切り、ごま、胡椒、豆板醤、
       みりん0.5:酒1:醤油3の割合で、好みでごま油を加える。

前の晩につけ込んでおけば、朝は焼くだけ♪
  肉にタレをもみこんで10分くらいおいただけでも大丈夫です。

牛肉のチーズはさみカツ

牛薄切り肉を広げて塩、胡椒をふり、半分に畳んだスライスチーズを
(or薄く切ったプロセスチーズでも)のせて巻く。
衣をつけ、フライパンに1センチ位の油をひいて揚げ焼きにする。

牛カルビ焼き肉

タレに漬け込み、朝さっと焼いてご飯にのせる手軽さ♪
タレ→長ネギ、生姜、にんにくのみじん切り、しょうゆ:酒:みりんを4:2:1、
    胡椒、ごま油、豆板醤少々、好みで砂糖もしくはリンゴジュースで甘みを
    加える。

牛肉つけダレ焼き肉

元レシピはマーマレードと醤油1:1に、骨付きカルビ肉を漬け込み
(最低6時間)網焼きにするという、アウトドアっぽいものでした。

お弁当用には焼き肉用カルビ肉を、マーマレード:醤油:みりんを
3:4:1のつけダレに一晩つけこみ、翌朝フライパンで焼きました。
マーマレードはペクチンが添加された市販品がいいそうです。

普通の焼き肉のタレにおろしリンゴを入れたりするので、リンゴジャムでも
  おいしいかな? 今度やってみます(^o^)。

牛丼風

砂糖:しょうゆ:みりん:酒:水を大さじ1〜2づつ(甘めが好きなら砂糖も加える)
と生姜の薄切り少々をフライパンで煮立て、牛肉を入れて煮からめる。
仕上がりに紅生姜、甘酢生姜などを添えたり、ゴマをふったり♪

牛肉の味噌漬け焼き

焼き肉用の厚みの牛肉(カルビなど)を、味噌、みりん、酒、醤油少々を
混ぜ合わせた味噌ダレにもみこみ、一晩置いて焦がさないように焼く。
甘めがいいときは、タレに砂糖も少量入れる。

牛肉とピーマンのコチュジャン炒め

食べやすく切ったピーマンをごま油で炒め、牛肉も加え火が通りきらないうちに
酒少量で溶いたコチュジャン、オイスターソース、醤油適宜を回しかけ、汁気を
とばして炒めあげる。

牛肉と玉ねぎの漬け焼き

もも肉など脂の少ない部位の時、牛肉に薄切り(またはすりおろした)玉ねぎと
ごま油+酒+醤油+みりんをもみこんで、一晩置く。汁気をきって焼き、
仕上げにオイスターソース少々を回しかける。

牛カルビ肉のみそ漬け焼き

はちみつ+白味噌+酒をあわせたタレに肉を一晩漬け込み、焦がさないよう
フライパンで焼く。

はちみつは肉を軟らかくする作用がありますが、入れすぎるとしつこい甘さになります。
  みりんを足したり、醤油を入れたり、お好みの味に調整してください。

牛肉のごまねぎ焼き肉

長ネギみじん切り+酒+醤油+みりん+ヤンニムジャン少々とごま油を
まわしかけて肉にもみこみ一晩おく。フライパンで焼き仕上げにごまをふる。
漬け汁に少々の片栗粉を振り入れて煮詰め、肉の上にかけてもGood。

弁当ページに