3行レシピ☆鶏肉編

♪料理名をクリックすると、写真ページに飛びます。

鶏肉の下処理→余分な皮や脂を切り取り、肉の厚みが均等になるように
            包丁を入れて開くように切る。筋を切り、皮側にフォークを
         ぷすぷすと刺して火の通りがよくなるようにしておく。

          

鶏の唐揚げ

鶏もも肉の筋を切って、大きめの一口大にしてボウルに入れ、
おろし生姜、おろしにんにく、酒、醤油、胡椒で下味をつけ、溶き卵と粉を
加えてよく混ぜる。(粉は小麦でも片栗粉でもOK。)油で揚げる。

混ぜるところまで前日に仕込んで冷蔵庫に寝かせておけば
  朝は揚げるだけ♪です。

チキンピカタ

鶏肉をそぎ切りにし、塩胡椒をふって小麦粉をまぶす。溶き卵を充分に
くぐらせ、焦がさないよう中火でフライパンで焼く。裏面は弱火で中まで
火を通す。仕上げにバターを入れ、ケチャップを飾る。

ムネでもモモでもOKですが、モモは皮をとって使っています。

チキンのカレー焼き

鶏もも肉の厚みが均等になるように包丁目を入れ、塩+胡椒をふる。
小麦粉を薄くまぶし、カレーパウダーをすり込むようにまぶす。
皮から先に両面をフライパンでこんがりと焼く。

カレーパウダーはS&Bなどから出ている調味料入りのものがお弁当に便利です♪

変わり唐揚げ冷めると味が馴染んでおいしい♪おすすめです。

鶏もも肉を一口大に切り、下味をもみこんでしばらく置く。
(醤油3、酒1、カレー粉少々。前の晩につけておくと翌朝がラク♪)
油で揚げ、火が通ったらソースにつけ込む。
ソース→ケチャップ、ウスターソース、各1に対し砂糖、水、0.5の割合で。

鶏のごまねぎ揚げ

鶏もも肉を一口大に切り、長ネギのみじん切り+白いりゴマ+塩胡椒+
溶き卵適宜+醤油+酒+粉(片栗粉or小麦粉)をあわせてもみこみ、
なじんだら油で揚げる。(これも前の晩からつけておくと味が染み込みます。)

火が強いとねぎ、ごまが真っ黒になってしまうのでご注意ください。

鶏肉と油揚げの炒り煮

鶏肉は食べやすく切り、短冊の油揚げとサッと茹でる。煮汁を合わせ
(水半カップに、砂糖0.5:酒、醤油、みりん各1、削り節ひとつかみ)
汁気がなくなるまで炒り煮する。仕上げに青み(いんげん等)を散らす。

ささみしそチーズフライ

鶏ささみは筋を取り、厚みが均等になるよう包丁を入れて開き、
かるく塩胡椒をふる。棒状に切ったチーズをしそで巻き、ささみで包んで
楊枝で止め、衣をつけて油で揚げる。

*しその葉はなくてもおいしく揚がります♪→例はこちら

鶏のねぎ塩焼き

鶏もも肉は余分な脂や筋を取り除き、大きめの一口大に切る。
長ネギのみじん切りと多めの塩、ごま油をいれて肉に充分にもみこみ、
一晩置く。熱したフライパンで焼き上げる。ねぎが焦げやすいので注意♪

鶏の磯辺揚げ

鶏肉は余分な脂や筋を取り除き、一口大に切り、酒、醤油、塩、胡椒、
おろししょうがをもみこんで下味をしっかりつける。(一晩置く。)
汁気をきって片栗粉をまぶし、中央に海苔を巻いて油で揚げる。

*お弁当の揚げ物は1センチ程度の少ない油で揚げているので、
海苔の巻き終わりを下にすればはがれませんが、たっぷりの油で揚げるときは
楊枝で止める方がよいと思います。

鶏のケチャップ照り焼き

鶏もも肉は下処理し、軽く塩胡椒して、皮を下にしてフライパンで焼く。
焼き色が付いたら裏返し、酒を振り入れてふたをし、蒸し焼きに。
火が通ったらたれをからめ、焼き上げる。
ケチャップだれ酒1:醤油1:ケチャップ2+オイスターソース、みりん少々。

鶏のひとくち照り焼き

鶏肉は余分な脂や筋を取り除き、一口大に切り、酒、醤油、みりん、
オイスターソースで下味をしっかりつける。(一晩置く。)
フライパンで焼き、漬け汁にオイスターソースを足して片栗粉を振り入れ、
たれをからめるように焼き上げる。

 

お弁当ページへ